2020/10/3 Martin OO-15M(リフレット 完了)

 いい感じです。予定通り、トラスロッドを少し回してど真っすぐになりました。最初、お持ち込みいただいたときの弦高は、12Fで6弦4.0mm1弦で3.3mmでしたが、ヒーター&リフレット作業をして、最終的にサドルを0.6mm~0.8mm削って、6弦2.5mm1弦1.7mmの弦高に調整しております。

 GatorCasesのギグバックもご購入いただきありがとうございました^-^

 

指板形状:1FでR14inchの円錐(17Fで約R16inch)フレットサイズ:JescarFW50085-NS ナット:牛骨

2020/10/12 Gibson ES-335(リフレット 完了)

 お時間かかりましたが無事完成です。相変わらずというか、フレットの溝の掃除は一苦労しましたね・・・。指板修正中の写真は撮り忘れましたが、状態的には波打ちで、1フレット付近からナットに向かって急激に逆反っていましたね。当初の予定では、ポジションマークを一旦外してからの作業予定でしたが、ポジションマークの厚さが1mm程度はある様でしたので、外さずに、浮いているところを再接着して指板修正しております。

 

指板形状:1FでR9.5inchの円錐(最終フレット約R11inch)フレットサイズ:JescarFW47104-NS ナット:牛骨オイル

2020/10/12 Taylor Academy 12e(ピックガード製作など)

 元々は、ピックガードが装着されていないモデルなのですが、ボディにピックが当たって穴が開いてしまいそうだったので、ピックガードを装着です。ピックガードの形状は、私に一任していただきましたので、傷が見えないようにいい感じで作ったらこうなりました^-^参考にしたものとかはないので、私のオリジナルです。大きく出れば、この世に一本しかないギターになったということになりますか・・・ね?

2020/10/15 F/USA ST (リフレットなど)

 遅くなりましたが、作業開始です。ネックのほうは、フレットを抜いて、ナットを外したところまで進んでいます。トラスロッドを緩めたら結構順反りだったので、またしても絶妙な作業になりそうです・・・。

 リフレットを始める前に、ボリュームポット、ジャック、スイッチを交換していきます。