2019/7/1 S.Yairi (指板はがれなど)

 なるほど~・・・って感じです。そのままはがれている指板を接着できれば良かったのですが、残念ながら全く動かない・・・。仕方がないので指板をはがして、本当はトラスロッドを一旦取り出してから作業したかったのですが、残念ながら接着剤やら錆やらで、まったく動かず・・・無理をすれば取れるかもしれませんが、ネックが傷むので、トラスロッドはそのままの状態で修復していきます。トラスロッドを押さえている埋め木を新しく作って接着しているところまで進んでいます。ついでにボディトップの板割れがあったので、割れ止め接着。

 しかし、アジャスタブルロッドを内部に埋めてあるとは思わなかったですね・・・。

2019/7/2 S.Yairi (指板はがれなど 続き)

 埋め木をカンナなどで平らにして接着面をだし、指板は元々貼ってあったものをきれいにして再接着。一枚目の写真右側に横たわっているのが指板。見えているのは接着面になるところです。

2019/7/9 S.Yairi (指板はがれなど 完了)

 おや?ブリッジが、ローズやん!?と、ちょっと驚き・・・。というのも、指板の木材はなんですかね?と聞かれて、ブリッジの材も何かな~と見たら、これはローズに色付けしてるから、指板もローズだよ。なんて言っていて、指板修正したら、見事にエボニーだったんで、じゃあブリッジもエボニーなんだ~と思ったら、やっぱ、ローズやん!?ていう経緯でした・・・。別々の材を使ってくるとは・・・。

 今回は、指板修正だけでは、物理的に弦高を下げられそうもなかったので、ブリッジも削っています。削った分サドルの入る溝が浅くなるので、2㎜程度掘り下げております。ナットは、ビンテージっぽく仕上がった牛骨オイルにしてみました。

 

指板形状:1fで16inchの円錐 フレット:Jescar FW50085-NS ナット:牛骨オイル サドル:牛骨オイル

2019/7/12 Gibson LP (ナット交換など 完了)

 こんな感じですね。ナット交換。

2019/7/12 Greco (ナット交換 完了)

 うん、こんな感じです。

2019/7/14 F/CS ST (フレットすり合わせ 完了)

 メンテナンスの予定でしたが、フレットの頂点のレベルがバラバラで、所々、音詰まりが発生していたので、フレットをすり合わせることにしました。幸いミディアムジャンボのフレットが打ってあるので、フレットをすり合わせても弾きにくさは感じません。他、調整もして完成です。

2019/7/15 Ibanez SR905 (プリアンプ交換 完了)

 こういう作業は、なんだか久しぶりです。元々のプリアンプが経年劣化でノイズが多くなってきたので、バルトリーニのXTCTに交換、Mid調整をするためにMCTを組み合わせて交換です。ピックアップのせいか、少し音抜けが悪かったので、ジャック部分のホット線とアース線(コールド)をビンテージワイヤーにしてあります。

 配線材を交換した後に音出ししてみると、何やらジジジジ・・・と時々変なノイズが・・・ん~なんだろうな~と、2時間格闘した結果、私のところにあるミニベースアンプの音割れでした・・・。