2019/2/5 Navigator LP(ネック折れ 完了)

 こんな感じですね。きれいに治ったんじゃないかなと思います。

2019/2/5 Samick ST(パーツ交換など 完了)

 韓国製のギター、ボディはプライウッド(べニア板)でできているのです。このギターを見るたび、一体何を参考にして作ったんだろう?と思うぐらい、色々独特です。今回はパーツ交換(ブリッジ交換、ペグ交換が主)なのですが、一筋縄ではいきません。なぜかというと、パーツの互換性がないので、とにかくビス穴を埋めてから、新しく穴あけをしないと、他のパーツは取り付けられないのです・・・。

 

まぁ、なかなか面白かったですけどね・・・。

 

ナットも牛骨に交換してあります。

2019/2/5 Warwick(メンテナンス 完了)

 ワーウィックのこのブリッジ、調整が非常に難しいので、わからない方は、プロに任せましょう。

2019/2/13 F/USA ST (リフレットなど)

 フェンダーUSAアメリカンスペシャルですね。リフレットのほかにボリュームポットの交換をしています。フレットを打ち変えたところまで終わっています。あともう少し。

2019/2/13 Gibson ES175(PU交換など)

 ES175です。きちんと調べてはいないのですが、50年代のギターということです。当時のピックアップ、コンデンサーは別のものに交換されていて、しかもコンデンサーの取り付け方が間違っているので、トーンが効かない状態です。弦アースもとっていませんでした・・・。ポットのガリノイズもあるので、この際すべて交換して使えるようにしていきます。

 最初の写真は中身を全部引っ張り出してきたところですね。コンデンサーも取り付け間違っているし、ピックアップの付け方もなんか雑なので、素人によるものでしょうね。トグルスイッチの写真がありますが、この年代はなんだかややこしい配線の仕方をしています。何度かお目にかかったことはありますが、なぜ?こうなったんだろうといつも思います。写真は交換した後のトグルスイッチですが、なぜ?とは思いますが、当時の配線の仕方ではんだ付けしています。

 ペグは交換しませんが、ビス穴がバカになっていてグラグラしているので、修理です。

2019/2/13 Ovation Super Adamas

 販売済みのオベーション。リフレットですね。フレットの溝はほぼ接着剤で埋まっていましたね。なんか白~くなっているのがフレットの溝をノコで掃除して出てきた接着剤の粉です。これをきれいにしてフレットを打つわけですが、ネックはボディから外しているので、このままリフレットするのですが、本来ボディに接着されている部分はグニャングニャンと、動くわけなので、それを固定しつつネックを安定できるようにするために木材を加工してリフレット用の冶具を作っています。リフレット時は、冶具と指板を仮接着して作業を進めました。

 フレットは打ち終わっています。こちらももう少し。