2019/11/5 Martin D-35 (PU取り付けなど 完了)

 ナット、サドルも交換して完了。ピックアップはコンタクトピックアップを取り付けて、ジャックからアクセサリージャックを出しています。アクセサリージャックのところに、マグネットPUなどを取り付ければ、ステレオで出力できます。

・2019/11/5 Greco(ナット交換 完了)

 ナット交換。接着剤がひどいですよね。ナットの底面もなんか凄いことになっています・・・。接着剤はすべてきれいに取り除いて、新しいナット(牛骨オイルナット)に交換です。

・2019/11/5 S.Yairi(PU取り付け 完了)

 エンドジャックの穴あけは、写真にはないのですが、元々の穴を一回埋めてから、木工用のドリルで穴を開けるときれいに空きます。穴を埋めないで、鉄鋼用のドリルでそのまま開けてもいいのですが、上手くやらないとギターを痛めるので、なるべく埋めてから穴あけをするのが良いでしょう^-^

・2019/11/10 Crews (PU交換など 完了)

 pU交換とともに、プリアンプもバルトリーニに交換です。元々、パッシブアクティブ切り替えのミニスイッチだったのですが、プリアンプ交換の際に、シリーズパラレルスイッチに変更しています。

・2019/11/10 Gibson J-160E(ネック折れなど)

 いやぁ~完成かと思ったら、ネック折れの補強部に亀裂が・・・。リフレットも終わって、弦を張りつつネック調整していたら、徐々に亀裂が入ってくるという最悪の事態が・・・。原因はわかっているんですが、ん~難しい、原因は変な折れ方をしているというのもあるのですが、前回直した方は恐らくエポキシか瞬間接着剤で接着しているんですよね。補強を貼る前のえぐった写真を見るとわかるのですが、6弦側の割れているところが、何か木部に染み込んでいるのがわかると思います。まさにここ、この部分なんですよ。ニカワかタイトボンド以外で接着すると再接着が難しくなるんで困ったものです・・・。

 もう一度、亀裂部分に補強を入れてみるしかないですね。いつになったら終わるのか・・・

 

 ※一番最後の写真が、えぐった時のです。

2019/11/13 Gibson J-160E(ネック折れなど 続き)

 というわけで、再補強。最初の補強の時に本当はもう少し削り落としてから補強をしたかったと確かお伝えしたと思いますが、できなかった理由がトラスロッドを削ってしまうからだったのですが、今回は、トラスロッドを若干削ってでもネックが折れるよりはましということで、深く掘っています。指板と平行にえぐってしまうと、トラスロッドがなくなるので、亀裂が入ってしまったところを中心に斜めに削っていますが、なんせクランプを斜めにかけなければいけないのがなかなか難しいのです・・・。

2019/11/13 History (リフレット)

 ヒストリーなので、サークルフレットのリフレットです。写真は手を付ける前の状態。現在は、フレットを抜いたところまで進んでいます。

2019/11/13 F/CS JM(リフレット)

 ジャズマス。音詰まりがひどいので、リフレットです。こちらもフレットを抜いたところまで進んでいます。

2019/11/17 History (リフレット 続き)

 指板修正からフレット打ち終わったところまで。まだ指板にオイルを塗布する前の状態です。オイルを塗布する前にナットの製作、取り付けをしていきます。

2019/11/22 History (リフレット 完了)

 いい感じです。サークルフレットということもありきれいな音色ですね。弾き語りで使用する方ですので、弦高は標準的な弦高にしていますが、弾きずらさは全然感じません。

 

指板形状:R14inchの円錐 フレット:Jescar FW50085-NS ナット:牛骨

2019/11/22 Gibson Howard Roberts(スイッチ交換など 完了)

 トグルスイッチがもうクタクタになっていたので、交換。よくよく見ると、ハイパスのコンデンサーの片方の足がハンダ付けされていなかったので、ついでに付けておきました・・・。

2019/11/22 t.m.p ST(配線材交換 完了)

 配線材の交換。基本はベルデン8503にしていますが、ジャックの所だけビンテージワイヤーを使っております。

ちなみに2つ取りついているコンデンサーの内、黒くなっているやつですが、これは私がコンデンサーに絶縁テープを巻いております。コンデンサーの本体とポットのアース部分が触れると、端子がアースに落ちてボリュームになってしまうという現象が起きるので巻いております。

2019/11/22 Gibson J-160E (ネック折れなど 完了)

 今度は大丈夫です。なかなか苦戦しましたがいい感じに仕上がりました(^-^)

 

指板形状:R14inchの円錐 フレット:Jescar FW50085-NS ナット:牛骨

2019/11/23 Fender JM(リフレット 続き)

 ジャズマスターのリフレット。フレットを打ち終わったところまで進んでおります。

2019/11/27 Fender JM(リフレット 完了)

 リフレット作業というのはやはりきれいな状態にならなければいけないと思っていますが、きれいにしようと思ってやっているわけではないです。なんだか矛盾したことを言っているようですが・・・なんといえばいいか、ん~・・・きれいになっちゃうといったほうが正しいかもしれません。間違いない手順を踏んで、誠実にやれば勝手にきれいになるものなのです。

 

指板形状:1fでR9.5inchの円錐(最終フレットで約11inch)フレット:Jescar FW55090-NS ナット:牛骨

 

2019/11/30 Legend (PU取り付け 完了)

 エンドピンをはずして埋め木をしたところ、埋め木がものすごい角度で収まるという・・・さすがレジェンド。エンドを一旦埋めて12㎜のドリルで穴開け。LRバックスのM1パッシブ取り付けでした。

2019/11/30 Shin'sMusicボリュームぺダル(インピーダンス変換 完了)

 まあわかんないですね。ポットのところに抵抗を入れてインピーダンスを変えております。

 

 ハイインピーダンス250KΩをローインピーダンス25kΩに変えております。※12/1追記

2019/11/30 Gibson J-45(ネック折れなど)

 ネック折れとリフレットです。折れたところをまず接着。アコギの場合は補強を入れたほうが安心なので、補強も入れていきます。

2019/11/30 Yamaha L-41(ボディ割れ)

 ブリッジもほとんどはがれていたので、はがして再接着していきます。まずは、ボディの割れを直していきます。今回は弦を張って使えるようにしていただきたいとのことでしたので、バインディングの復元はしません。

 写真の後半2枚はよくわからないと思いますが、Xブレイシングのはがれを直しているところです。これだけでもなかなか難しいんですね~。