・Gibson L-1(ネックリセット&リフレット)

 なかなか手を出せずにいましたが、修理作業再開です・・・。今回のはかなり強固に接着されていたので、外すのにも時間を要しましたが無事はずれました。現在ネックの角度調整が終わり、角度調整によりゆるくなったジョイント部を修正しているところです。

・Gibson L-1(ネックリセット&リフレット 続き)

 例のごとく、ジョイント部の接着面の面だしはチョークで確認しながら少しずつ削っていきます。現在接着中です。

2017/3/11 Gibson L-1(ネックリセット&リフレット 続き)

 フレット打ち終わりです。ネックを外す際に傷んだ塗装をこれからタッチアップしていきます。

2017/3/14 Gibson L-1(ネックリセット&リフレット 完了)

 お待たせいたしました。無事完成です。ネックの角度をどの程度にするか非常に悩みましたが、角度をつけすぎてサスティーンが失われるのも残念な結果になってしまうので、角度をつけすぎずつけなさすぎずというところ、1度を1度8分ぐらいにするイメージで使用上問題ないところでセットしております。指板のRがきついわりに、ブリッジがフラットなので、角度が緩いと、1弦6弦のサドルがブリッジに埋まってしまい、角度がきつすぎると、3弦4弦、それから特に6弦(ブリッジピンとサドルの距離が近いので)弦の出口の角度がきつくなり、窮屈になってサスティーンが失われる(音の広がりのようなところが失われる)のでシビアなセッティングが必要でした。現在は弦高を下げぎみ(12fで6th2.3mm,1st1.7mm)ですので、若干弦高をあげても良音が響くようにしたつもりです・・・。

指板形状:R12inchの円錐 フレット:Jescar FW50085-NS ナット、サドル:牛骨オイル

2017/3/20 F/J ST(ボディリフィニッシュ)

 リフィニッシュです。Tokai製ですかね。アルダーをバスウッドでサンドイッチしてあります。