あけましておめでとうございます!さてさて今日からまたリペア進行状況を開始です!

 

 皆様方に支えられ、あれよあれよと5周年!   がんばるぞ~!

2017/1/8 Cort 5弦ベース ネックグリップリフィニッシュ 完了

 お客様に、持っていただいての写真です。今回の塗装は、非常に塗料を弾いて苦戦しましたね~。でもなんとかなり一安心です。フェンダーぽい感じに仕上がったと思います。(色味がね。)最初はナチュラルだったので、しかも塗ったかどうかよくわからないぐらいで所々塗膜がないところとかもあったので、リフィニッシュで高級感がでて、木部の保護としての役割という意味もあり、また長く使っていけるかと思います。

2017/1/8 Gibson J-45ADJ (ネック折れなど)

 実は、ブリッジの再接着もやっております。思っていたより簡単に外すことができました。なんだか接着面がボロボロなので、接着するのは大変そうです・・・。

 というわけで、ネック折れはこんな感じで進んでおります。現在下地塗装中、今日は2日目の下地塗装。お客様には補強部分はつぶし塗装で作業するとお伝えしたのですが、シースルーでもそれほど違和感なく塗装できそうなので、シースルー塗装でいってみます。

2017/1/8 Tokai LP(ネックバインディング復元)

 せっせせっせとフレットとフレットの間を削っています。ナットのところが飛び出しているのですが、飛び出させてバインディングを接着しないとうまくいかないのです。はみ出たところは、写真の片隅に写り込んでいるノミでスパッとカットしていきます。整形が終わったら違和感がないように塗装していきます。

2017/1/10 Tokai LP(ネックバインディング復元)

 塗装が終わり、21F付近につなぎ目があります。ちょっとわかりにくいかもしれませんが確認できると思います。

2017/1/10 Gibson J-45ADJ(ネック折れなど)

 ブリッジ接着中!ネック折れ補強部の塗装はこんな感じです。あらかじめ濃いめに塗装をして、徐々に研磨で薄くしていってます。若干色むらができますが、ビンテージギターなので塗りつぶすと新品感がでてくるのでこのぐらいでちょうどよいかと思います。

 ピックガードはどうした?と、ツッコまれそうですが、ピックガードの貼り直し作業もしているのです・・・。

2017/1/13 Gibson J-45ADJ (ネック折れなど 完了)

 すべての作業が完了して、弦を張っての最終チェックもして、これで完了です。

 ピックガードは経年変化による反りがひどかったので、温めて、ある程度は戻したのですが、それでも若干の反りがあり、貼り直しても少し浮くとこが見受けられましたが、無理に貼り付けてトップ板が割れてきてしまう恐れもあるので、演奏上問題ないところはそのままにしておきました。

 ナットは牛骨オイルに交換してあります。

2017/1/13 Tokai LP(ネックバインディング復元 完了)

 ナット交換もして、完了です。ネックバインディングについては、「直した」と言われればわかりますが、何も言わなければ気づかないんじゃないかと思います・・・。ナットは牛骨オイルに交換してあります。

2017/1/23 M/M Stingray(トラスロッド折れなど)

 指板がはがれまして、折れたトラスロッドを取り出しています。まだまだ先は長そうです・・・。

2017/1/23 t.m.p TL(PG製作 完了)

 もうすでにお客様にはお渡ししたのですが、ビンテージホワイトの3plyに交換したら、見た目がガラッと変わって面白かったので、後だし投稿です・・・。

2017/1/23 Yamaha FG512SJ (リフレット、ペグ交換)

 指板修正まで、終わっています。

2017/1/28 Yamaha FG512SJ(リフレット、ペグ交換 完了)

 数日前に完了して、お客様には、すでにお渡し済みではありますが、せっかくなので載せておきます。

 ヤマハのリーズナブルな価格帯の一本ではありますが、かなり良い音を出しております。以前に、ハイランダーというピックアップを装着しており、これがまたどういうわけかこのギターとの相性は抜群であります・・・。今回リフレットをしたことにより、音の立ち上がりが非常に良くなり、エレアコとしては高級なギターにも引けを取らないぐらいにしあがりました~。ついつい完成後の試奏も長くなってしまいます・・・。

 ペグはゴトーのオープンバックタイプに交換。ブッシュの穴径が大きくてゆるゆるなので、一度穴埋めしております。

 

指板形状:1fでR14の円錐 フレット:Jescar FW50085-NS ナット:牛骨オイル